( 2018-12-08 )

SPECIAL REPORT!! - ヤモーンズ -



※画像をクリックすると拡大します
※敬称略

熱狂的なファンたちは今か今かと会場を待ち、メンバーの登場前からハイテンション。
メンバーたちが会場に入ると同時に沸き起こる拍手と歓声、今日は久々のワンマン、メンバーも観客もこの日を待ち望んでいたことはすぐにうかがい知れる。
初っ端はブルース、比較的緩やかにはじまったかと思った瞬間、ヴォーカルのヤモ・ヤモーン(やもとなおこ)の声量と迫力に圧倒される。
ポップに演出された登場、本物の歌声。これだけのファンが期待していた何かは、すぐにこちらにも伝わってきた。

選曲はオリジナルやカバーなどを入り混ぜていく。
ブルースや日本の歌謡曲に疎い著者であっても、あっと頷ける名曲たちを見事に表現する。
訪れていた欧米の観客もグラスを片手にニマッと笑い、大きく頷く。その表情を横目に見れたことがなぜだか嬉しい。

ヒロ・ヤモーン(吉本ヒロ)はこのバンドではカリスマ的存在なのだろうか。ドラムを叩きながら見せる人々を惹きつける笑顔。
音の激しさとのギャップは会場にいる誰もを魅了していた。
曲の合間に立ち上がり身体で大きく「Y」をつくるとファンたちも揃って同じポーズをとり、ヤモーン!!と叫ぶ。
東京湾ホエールズではこれまでになかった新しい光景。ただ、楽しい。

後半に入り更に加速していくステージ。観客たちもノリノリ。バーテンダーを見れば白い歯をのぞかせステージを見つめている。
私も彼らと同じ表情でカメラを向けていただろう。動くことすらままならない満員のHOWLでとにかく全員が一体となり、ただこの場を楽しんでいる。
多分、今夜のステージを畏まった表現で伝える必要もないのかもしれない。このページのトップに飾った写真が全て物語っている気がする。

ここまでアップテンポもダウンテンポも混在させながら進行してきたヤモーンズ。
曲調は代わり、言語も代わり、それでも一貫して流れるヤモーンズのグルーヴ。
ラスト10分は全員立ち上がり、メンバーと一緒にラストスパートをかける。
演奏が終わり拍手に包まれたのは一瞬、アンコールの声がすぐに沸き起こる。ここからの2曲はノンストップで演奏、最高潮の盛り上がりでステージは終了。
その余韻は長い時間消えることがなく、全員が名残惜しそうにゆっくりと帰路についていった。


12月4日 出演者: ヤモーンズ
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

林栄一as 石渡明廣g 早川岳晴d 湊雅史ds
2018.12.11 19:00 開場

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

Entrance : ¥2,500 / 1D
☆ Hostel guests are Charge Free! Only 1drink order please☆

出演者:

林栄一 プロフィール :中学時代ブラスバンドでサックスを始める。17才でプロになり、ビッグバンドやR&B バンドで修行を積む。1980年、山下洋輔トリオにプラスワンとして参加し、83年のヨーロッパツアーの演奏はライブ盤として発表される。1990年、自己のバンド MAZURU を結成し、同名の初リーダーアルバムを発表、ドイツニュールンベルグジャズ祭に出演、好評を博す。現在に至るまで日本を代表するアルト奏者の一人として幅広く活躍し、その唯一無二な音は渋谷毅オーケストラ、板橋文夫バンド、石渡明廣マルハウスなどでも欠かせない存在である。自曲の3管アレンジを聴かせるGATOS Meetingは2012年に同名のアルバムを発表。また様々なセッションを通じて林流インプロあるいは林流モンクをも追求し続ける。2015年7月には、アレンジャーとしての集大成である13人編成の林栄一MAZURU北海道Orchesterを率い、北海道中のフリージャズファンが集まったともいわれる大観衆の喝采を浴びる。代表的アルバムとして、de-ga-show、Monk's Mood、音の粒、MAZURUの夢、森の人、Birds and Bees、鶴、融通無碍 を始め、多数の作品を発表している

石渡明廣 プロフィール :1958年8月27日神奈川県横須賀生まれ。ジャズ・ギタリスト/ドラマー。渋谷毅(p)オーケストラ、片山広明(ts)、梅津和時(as)のグループなどで活動し注目される。渋谷オケでは多くの楽曲も提供する中心メンバーのひとりである。96年に林栄一(as)をフロントに据えた自己のグループ“MULL HOUSE”の初アルバムをリリース。その後、同グループを中心に、峰厚介(ts)、秋山一将(g)のグループにも参加するなど活動は広い。

早川岳晴 プロフィール :20世紀後半3月19日東京生。中学卒業時に中古のウッド・ベ-スを手に入れ高校在学中からジャズを中心にライブ活動を始める。 また、NHK交響楽団の窪田基氏にクラシックを師事。某大学文学部哲学科に在籍するもののサッパリ顔を出さず、板橋文夫(p)、土岐英史(s)、板谷博(tb)、渕野繁男(sax)、高瀬アキ(p)などのバンドを経て、78年に伝説の変態ジャズバンド、生活向上委員会オーケストラに参加。 また、上田正樹-Push&Pull 等でロック・シーンでの活動も開始、序々に正統派ジャズから遠ざかる。 以後、ドクトル梅津バンド(D.U.B.)、イースタシア・オーケストラ、片山広明バンド、コクシネル、JOHN ZORN ユニット、梅津和時KIPANA、同 NAZO、JAZZY UPPERCUT、麗蘭、仲井戸麗市バンド、シオン 、リクオ&The Hookers、COIL、MISSING LINK等に参加。 その他セッションでは泉谷しげる、忌野清志郎、石田長生、三宅伸治らと度々共演。リーダー・バンド<SALT>では86年<SALT>と91年<844>の2枚アルバムを発表。96年にはソロ・アルバム<HAYAKAWA>をリリース、現在の自己のバンドHAYAKAWAでは2000年7月<Gwoh-In>、04年3月<HONE[骨]>、08年7月<螺子 neji >をリリース。 02年10月ソロ作<Kowloon>リリース、また06年にはSALTの一作目と未発表ライブ音源から成る2枚組<86,90,91>をリリース。 海外での活動:D.U.B.、イースタシアOrch.、和楽器とのセッション等でヨーロッパ各地、中近東で公演、梅津和時KIKI Band にてアフリカ、ヨーロッパ、東南アジアツアー、藤井郷子カルテットで北米・ヨーロッパツアー等。 現在は自己のバンド【HAYAKAWA】の他、梅津和時KIKI Band、藤井郷子カルテット、緑化計画、麗蘭、民俗楽器グループなどでジャンルを超えて活動している。

湊雅史 プロフィール :1966年3月20日東京都生まれ。13歳から札幌へ移る。 幼少より、ピアノ、トランペット、フルートなどの楽器に親しみ、 14歳でドラムと出会う。 1987年、21歳にて「DEAD END」に加入しメジャーデビュー。現在は橋本ジュンらとの「A」、「Bon Temps Roule」、石渡明廣らとの「MAD-KAB-at-ash gate」、 「片山広明とハッピーアワー」、夢野カブらとの「カブ主総会」、シド・バレットを唄う会や 奥田民生、吉川晃司バンドのライブワークを中心として多方面に活動中。