( 2019-01-13 )

SPECIAL REPORT!! - 《HOWLING WHALES》Revenge!!! vol.1 -



※画像をクリックすると拡大します
※敬称略

2019年、最初の東京湾ホエールズ。前半は徳澤青弦、不破大輔、ゲストボーカル玉井夕海。昨年行われた東京湾ホエールズ1周年フェスで共演するはずだった3人。大型台風によりキャンセルとなってしまったが、今日はリベンジとしてここに立つ。
そっと足を運び歩いてしまうほどの静かな音が鳴りはじめる。
チェロとコントラバスの二重奏から感じる木の温かみは、暖炉に向かい目を閉じている時に感じるようにじわりじわりと身体の芯まで届いてくる。
徐々にその炎が大きくなるように、2人の弦も振れる幅を大きくしていく。

今日が初めてのセッションだった2人。徳澤は、著者が初めてお目にかかるアーティスト。スラッと背が高く、とても柔らかく、何か深い雰囲気を持つ彼のチェロ。その雰囲気を音として鳴らしたらこうであろう、なんて思ってしまう。違和感、ではなく、言うなれば和感。そんな事を感じる。
不破大輔、もはやここでは説明する必要のないアーティスト。彼の持つコントラバスの音色や重厚感のある雰囲気はこれまで何度も体験したはずだったが、今夜の彼には初めての雰囲気を感じる。
その姿、演奏中の息遣い、それらは間違いなく不破大輔なのだが、どこかに新鮮さの様なものを持つ。
初セッションとはそういうものなのだろうか。言葉にするのは難しい、だが、不破の何か新しいものが見れた様な気がする。

後半、石渡明廣と舞踏家 若林淳のセッション。
東京湾ホエールズでは珍しく、録音された音源に石渡明廣がギターを重ねる。
もはや観客席と言ってもいいほどに手前に構えた石渡。今日は完全に黒子に徹しているのだろうか。
ただ、演奏はいつものようにどっしりと構えてギターを鳴らす。
舞踏をひきたてる、とは言っても彼のギターは私がこれまでに聴いた演奏ではいつだって突き抜ける高揚感とスタイリッシュで力強い音がある。今日だってそうだ。最高の黒子がそこにいた。

舞踏家 若林は、石渡の作り上げる音と共にゆっくりと登場する。異世界。耳と目が一気にそう感じる。東京湾ホエールズを全て見てきたが、面食らう。
目の前の出来事を理解しようとじっと見つめても、及ばない。
ただ、物理的な話をすればその1つ1つの動きはおおよそ人間のそれではなく、動と静が混在。
静に込められる力のようなものは肌で感じられるほどに強く、思わずこちらまでグッと力を込めてしまう。
涙する観客、呆気にとられる観客、様々な表情があったが著者は恐らく後者だった。
芸術とはなんと難しい。当たり前だが久々に痛感した。
まだまだ、知らないものばかりだ。


1月8日 出演者: 徳澤青弦 vc ×不破大輔 cv(guest vocal 玉井夕海)、若林淳 舞踏 ×石渡明廣 gt
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

泉邦宏ソロオーケストラvsめぐ留 ゲスト登敬三ts
2019.1.15 19:00 開場

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

価格 : ¥2500 / 1D
☆30歳以下¥1000(1drink付)
☆ホステルゲストチャージ無料
☆過去御出演くださった皆様もチャージ無料
☆ Hostel guests are Charge Free! Only 1drink order please☆

泉邦宏 プロフィール :早稲田大学在学中モダンジャズ研究会でアルトサックスを始める。尺八は半年間、横山勝也氏の手ほどきを受ける。大学時代より音楽活動を始め、20代半ばより「渋さ知らズ」に参加。渋さ知らズでは世界中で演奏。イギリスのグラストンベリー・フェスやドイツのメールス・フェス、日本のフジロック・フェスなど、多くの野外フェスに出演。キタカラレコードから多重録音のソロCDを数多く発表。現在、サックス吹きとしては藤井郷子オーケストラに参加。他にさまざまなミュージシャンとセッションを行っている。現在は主にソロで演奏している。サックスを中心にヴォイス、尺八、ギター、パーカッション、カリンバ、シンセ、エフェクターなどを手も足も使って操作。ギターの弾き語りもしている。

めぐ留 プロフィール :'74日本の民謡歌手伊藤多喜雄の長女として生まれ、幼少時代より唄や踊りの舞台に立つ。 芝居等を学び、伊藤多喜雄バンドメンバーとして国内外公演に参加。'95にTAKiOBANDを一度離れ、富良野塾の公演や富良野の農家に住み込み経験し、'97タイ国チエンマイに魅せられ旅に出る。'98渋谷アピアでソロのライブ活動開始。現在はリーダーを務める「ほうずき」「TAKiOBAND」「渋さ知らズ」に参加。

登敬三 プロフィール :1960年生まれ。テナーサックス奏者。京都在住。世界で活動。