( 2019-02-20 )

SPECIAL REPORT!! - 池間由布子 内橋和久 -



※画像をクリックすると拡大します
※敬称略

開場前から多くの観客が足を運んだ今夜の東京湾ホエールズ。
入念なリハーサルを経て、やわからく、静かな夜が幕を開ける。
今夜のボーカルとギターを務める池間由布子に紹介された内橋和久。「池間さんとは今夜が初対面です。」と笑いながら話す。
静かに鳴りはじめる池間のアコースティックギターの音色と歌声に、スーッと入り込んでくる内橋のギター。
ああ、すごいな。一瞬の音色でそう感じた。何がって、その音色は静かに寄せては返す波のように、無意識で、雄大だったから。

池間の歌声は本当に穏やかで優しい。
まるで幼い日の微睡みで聞いていた母の声のように身体を包んでいく。
店内の温かさと、声の暖かさ。もういっそ目を閉じてしまいたくなる気持ちを抑えながらカメラを向けていた。
きっと詩がわからないであろう外国人たちもじっと聴き入る。言語ではないレベルで何かを感じるのだろうか。今日は大人しく、ステージを見ていた。

今日が初対面と言っていた池間と内橋。
内橋のギターの音色は池間のつくる音とよく絡み合う。これで初対面なのか。共演するアーティストの持つオーラに併せているのか。今までデュエットで活動していたと言っても納得できる演奏。
エレキギターを弾いているが、弦を弾く音はほとんど聴こえてこない。徐々にフェードインしてくる音たちが僕を包み込み、宇宙の闇に溶かしてしまうような力を感じる。
世界的アーティスト、ビョークの自宅に招かれ演奏を披露したという逸話を持つ彼。そのビョークの持つ妖しさや繊細さ、神秘的な雰囲気を彼からも感じる。

少しの休憩を挟み、後半。
後半も内橋のギターは緩やかだ。終始しっとりとした時間が流れていく。中には目をつむり、眠りと覚醒の中間を行ったり来たりしている人もいる。
せんべい。私がこの日一番印象に残った歌。春夏秋冬のせんべい。そんなことを考えたことすらないが、確かにせんべいってそうだよな。と思う。
池間の歌はなぜだか自分の身近にあったことを彼女が歌ってくれているかのように親近感を感じられる。

終盤、内橋が何かの勘違いで曲順を間違えたのだろうか。一瞬の空白と、それを笑いに変える二人。「そんなこともあるよね。」池間の言葉に今日のライブの空気が全て現れていたように思う。
即興で演奏する内橋に併せて詩をのせる池間。彼女のステージをこれまでなんども見てきたであろう観客の一人はその内容がよっぽど楽しいのか、終始笑いながら頷く。
不思議な夜だ。こんなにも穏やかで雑念もなくステージを見続けられる。振り返ってみるとあまり記憶すらない気もする。池間と内橋がつくり上げる、ぼやけて綺麗な空間。
ただ、この日はなんとなく、それでよかったんだ。そんなことを思いながら振り返った。


2月12日 出演者:
池間由布子vo,gt 内橋和久gt
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

上里尭、世持桜
2019.2.19 19:00 開場

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

価格 : ¥3000 / 1D
☆30歳以下¥1000(1drink付)
☆ホステルゲストチャージ無料
☆過去御出演くださった皆様もチャージ無料
☆ Hostel guests are Charge Free! Only 1drink order please☆

上里尭 プロフィール :1992年生まれ。第25回チャランケ祭 実行委員長。りんご音楽祭2018出演。

世持桜 プロフィール :沖縄県石垣市白保出身。
14歳で八重山古典民謡を始める。
2015年に八重山古典民謡保存会最優秀賞受賞、関東を中心にライブ活動を行う。
主に八重山民謡を歌っており、その小柄な身体からは想像がつかないほどの力強くも澄んだ歌声が魅力の本格派女性唄者。