( 2019-04-17 )

SPECIAL REPORT!! - FREEDOM ROCKS -



※画像をクリックすると拡大します
※敬称略

店内に施された桜の装飾。
なぜだかそれが今夜のために用意されたかと思うくらい、マッチした雰囲気。
鳴り始める音に耳を傾けながら、和を感じることができるのは、そこに桜があるからという理由だけではないと思う。

田中邦和のサックスはその風格通りになんとも力強い音を鳴らす。ステージの中心に立ち全体に目をやりながら、威風堂々とサックスを構える。
加藤一平、前回の出演では最年長として全体を落ち着いて見渡す演奏が印象的だったが、今日は違う。加藤一平らしさとでもいうのだろうか。一気に弾け飛ぶように何度もピークをつくっていく。
FREEDOM ROCKS、と謳われた今回のライブ。そもそもロックとは何なのだろうか。音楽の事なのか、生き様の事なのか、もはやジャンルがどうのこうのではなく、そのステージ自体がロックだ。

ドラムの江藤良人がスティックを叩き落とす。空気が震え、真横に立つ桜の花びらまでビリビリと振動する。キレのあるスネア、臓物の奥にまで響くバス。鋭い心地よさに震えがきて、ついつい両耳の意識を持っていかれてしまう。
かわいしのぶ、ベース。このメンバーの中にいて今日の出で立ちは大人しそうに見えていた。もちろん、演奏が始まればその手捌きには度肝を抜かれた。小さな手が端から端まで激しく動きまわりバチっとした音を作りだす。

全体を俯瞰してみると、今夜はなんて濃いステージなんだろう。
メンバー全員が集まって一つの音楽を作っているが、一つ一つを切り取ってみても成立してしまう。
それぞれのメンバーにふんだんに用意されたソロパートの聴き応えは、濃い味のメインディッシュを連続で食すかの様に幸福感で溢れる。

地下にあるバーで桜をバックにロックする、外国人ゲストたちもそんな雰囲気を存分に楽しんだのではないだろうか。
使用している楽器は楽器たちはヨーロッパで生まれたもの、ロックというものも日本の文化ではない。しかしその中に日本を感じたのはなぜだろう。
田中が旧日本兵の様な格好をしていたから?そこに昭和を感じたから?桜があったから?
どれか一つでもないし、すべてでもあるが、外国人ゲストたちにはどう感じられたのだろう。
最後の最後には『あの鐘を鳴らすのはあなた』をみんなで歌ってライブは終了。
ほろ酔いで浮かれて踊り出す人もいたり。少し早いお花見の気分に、素面の私まで頬が熱くなった。


3月19日 出演者:
Freedom Rocks (江藤良人ds 田中邦和sax 加藤一平g かわいしのぶb)
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

春休み特別企画2DAYS
2019.3.25(mon)楽市楽座 『紙芝居2011・2019』(野外劇団楽市楽座 佐野キリコ、萌、佑之助、長山現)

Open 19:00 Start 20:00
¥1000+投げ銭(1drink付)

2019.3.26(tue)板橋文夫69 (板橋文夫pf 高岡大祐tuba 後藤篤tb 纐纈雅代as 外山明dr)

Open 19:00 Start 20:00
¥2500(1drink付)

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

☆30歳以下¥1000(1drink付)
☆ホステルゲストチャージ無料
☆過去御出演くださった皆様もチャージ無料
☆ Hostel guests are Charge Free! Only 1drink order please☆

野外劇団楽市楽座 プロフィール :1991年5月に結成された楽市楽座は、2011年に20年目を迎えます。大阪を拠点に、長山現の作品を、主に野外劇として上演を行い、竹骨八角テントや、奥行きのある野外舞台、円形劇場での上演など、様々な試みをして参りました。 1998年からは、ドーム型テントの野外円形劇場を作成。5年後の2003年からは、舞台上のみ吹き抜けの野外円形劇場とし、ついに2009年には、屋根も壁もない完全な野外劇場にたどりつきました。 屋根も壁もなく、舞台の周囲にパイプ椅子を並べただけの野外円形劇場に至ったことで、劇は周囲の風景に完全に溶け込みました。そこには、長山現の考える「芸能としての野外劇」がリアリティを伴って出現し、東京・井の頭公園、大阪・扇町公園にて、とても深い味わいの劇だったという感想を多数頂き、19年の一つの成果を見ることができと確信致しました。 本来、様々な芸能は野外で行われていましたし、今もそれは息づいています。 劇場に比べると、不便なところもたくさんありますが、何かが降りてくるような、場所との一体感があります。もっと大げさに言えば、お客さんとも一体となって、宇宙や土地の精霊や神々たちとの交感さえも可能なのが、野外劇の魅力です。 2010年、そんな野外劇の魅力を、もっともっとたくさんの人に知って頂きたいという願いから、楽市楽座は、「野外劇団 楽市楽座」として、新たな冒険の旅に出ることに致しました。トラック「流星号」、ワゴン車「花と夢号」の2台に舞台装置と家財道具を詰め込んで、日本全国を旅して回っています。

板橋文夫 プロフィール :1949年 栃木県足利市出身。国立音大付属高校から国立音大進学後、先輩である本田竹廣氏のピアノ演奏を聴いて、ジャズに開眼。 在学中より演奏活動を始め、渡辺貞夫クインテットでプロデビュー。日野皓正クインテット、森山威男カルテットに参加する一方、自己のトリオでの活動も開始。 エルビンジョーンズ(Drums)やレイアンダーソン(Trombone)とのワールドツアーにも参加。
現在は2010年に結成した自身のトリオ“FIT!”を中心にジャズオーケストラやセッション、映画音楽など多彩な活躍。ジャズ以外でも様々なジャンルで活躍する人達とセッションを組み、<ジャズと はなにか?><即興と作曲とは?><音楽とは?><生きることとは?>と常に音楽の源流を模索し続けている。チョッパーでグリッサンドで煽りたて疾走するピアノの奏でる音楽は、時に強く、そして時に優しく暖かい!

Born in Tochigi, Japan. Fumio started playing jazz while studying at the prestigious Kunitachi College of Music. Made his professional debut as a member of the Sadao Watanabe Quintet in 1971 and then joined Terumasa Hino Quintet and Takeo Moriyama Quartet while his own trio released a number of albums during the 70s. Was a member of the Elvin Jones Jazz Machine World Tour from 1985 to 1987 including other international artists gaining him global fame. In 1991, Fumio joined the Ray Anderson's album "Wishbon" and made an appearance in the Village Vangard in New York before touring North America with them. Set up his own label [Mix Dynamite] and his own "Mix Dynamite Unit" in 1993 starting to play with artists from different genres of music. Made an appearance in the Knitting Factory's New York Jazz Festival in 1997 as the first Japanese artist. In 1999 Fumio joined Christopher Doyle's Hong Kong film "Away with words" as a music director/composer and released the sound track. With funding from the Japan Foundation Fumio toured in Brasil, Kenya, and the Seychelles with his trio and published the photo essay "Jambo! Obrigado!" along with 2 live albums from the tour in 2001. The "Giriyama Dance Troup" which played with the trio in Kenya was invited in Japan in 2003 to play along with the trio in the Japan's biggest Jazz Festival and sent an audience of over 1000 frantic.

高岡大祐 プロフィール :チューバ奏者。大阪生まれ。90年代中頃より音楽活動を開始し、以降即興演奏とジャズ、音響的な側面を持つアコースティック / エレクトロニクス的な演奏形態を中心とする。独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使しアコースティックでの表現を追求し、吹奏の限界拡張に挑戦中。近年は、低音金管楽器を特殊な共鳴体として捉えて、生音響を電子音楽のように演奏 / 操作し、アコースティック・シンセサイザーというような音響合成装置のように扱い、「音同士の干渉による自律した変化」に焦点を当てた演奏を多くおこなう。

Born in Osaka, tuba player Daysuke Takaoka is a Tokyo-based improviser. His tuba playing incorporates a wide range of playing methods and unusual extended techniques. Takaoka attempts to create the complexity of electronic music on the tuba within a predominantly acoustic environment, which he refers to as an "acoustic synthesizer."

後藤篤 プロフィール :Trombonist / Arranger / Composer
トロンボーン奏者 / 編曲家 / 作曲家。1974年生まれ 東京都出身。
『Yellowcard Orchestra!』、本田竹廣(pf)『The PURE』等に参加しプロ活動をはじめる。従来のトロンボーンのイメージを覆す激しいプレイスタイルとシンプルながら印象的な作曲群に定評があり、現在、『後藤篤(tb)4』『MoonS』『66/99』『電気スライム』等のバンドを主催、ライブ及びアルバム制作を主に都内を中心に活動中である。その他、『Gatos Meeting』『MAD-KAB-at-AshGate』『板橋文夫オーケストラ』『D-Musica Large Ensemble』『Deadman’s Liquor』等に参加。

纐纈雅代 プロフィール :Saxophone奏者。1歳より音楽好きな母と2人の姉の影響でピアノを弾く。15歳でアルトサックスに転向。チャーリーパーカーの存在に多大なる影響を受ける。2008年9月SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。当時より個性的な音色、オリジナリティー溢れるプレイは唯一無二としょうされる。2015年8月、自身のオリジナル曲を集めた1st ALBUM『Band of Eden』をrelease。秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科講師。

Masayo koketsu(Saxophone player).Masayo Koketsu was Born in Japan, Gifu Prefecture,and began to play piano at the age of 1, and began play saxophone at the age of 15.Initially It is heavily influenced by the existence of Charlie Parker.September 2008 SONY MUSIC debut with “Isao Suzuki SOLITUDE FEAT. Masayo koketsu”.Unique tone, originality-rich play from that time will be considered the only one.In August 2015, released 1st ALBUM “Band of Eden” collecting his own original songs. Saxophone lecturer at Akihabara “HOT MUSIC SCHOOL”.

外山明 プロフィール :1962年1月15日・神奈川県横浜市出身。血液型:O型。 斬新なドラムセンスとテクニックで独特の磁場を創り出 し、ジャンルを問わず幅広く活動するドラマー。24歳の時『坂田明DADADAオーケストラ』『日野皓正・HAVATAMPA』に参加。この頃から様々なセッション活動を行い、その後『渡辺貞夫グループ』 『松岡直也スーパー5』『Tipographica』などで活躍。キューバ、インド、西アフリカ などの多くの国を旅し、音色とリズムの幅を広げる。近年は単身ギニアに渡り、ギニア国立舞踊団のバラフォニストに手ほどきを受ける。現在は<外山・大儀見DUO><カーケーモコモコ><Quivarac><Time Flows Trio><栗田妙子・外山明Duo><Phonolite Trio><しぶやさんといっしょ><渋谷毅オーケストラ><エッセンシャルエリントン><TOTONOTTA><松風鉱一カルテット><MULLHOUSE><BOZO>他で活動中。