( 2018-11-09 )

SPECIAL REPORT!! - 山田あずさ solo duo trio & quartet -



※画像をクリックすると拡大します
※敬称略

久々の大雨。
今夜の東京湾ホエールズにはマリンバ・ビブラフォン奏者の山田あずさがnouonとしての出演以来の登場。今回は「solo duo trio & quartet」と題され山田あずさのビブラフォンに加藤一平、永田真毅、不破大輔が加わる。
SOLO、山田あずさがマレットを手にする。開演前から多くの観客で賑わう店内が、外の雨とは打って変わった静けさに変わる。静かに響き始めるビブラフォンの音。
この日多く訪れていた外国人観光客たちもじっと耳に神経を集中させていく。

ある観客に「今日は暴れるんですか?」と聞かれていた山田あずさ。「ピアノとビブラフォンの間に挟まれているから…」と答えていたはずが、ギターの加藤一平、ドラムの永田真毅が加わると、その挙動は徐々に激しくなっていく。
両手に持つ4本のマレット。もはや目で追えるスピードではなく、束ねた髪の毛を大きく揺らしながら叩く。その表情を見れば実に豊かで、じっと鍵盤を見つめる真剣な眼差しも、ふとはにかむその笑顔も、彼女自身が今日のステージをどれだけ楽しんでいるかが伝わってくる。
客席に目をやれば言葉は通じない欧米の観客たちも笑顔でその様子を見つめている。

加藤一平のギターが加えるスパイス、永田真毅がリズムで創り出す世界観。
実はこの二人は今日が初共演。互いに目を合わせられるポジションにいなくても山田あずさがしっかりと指揮をとり、ピッタリと重なったtrio。
誰かを軸に集まるメンバー構成、一人一人の音楽の方向性が違えど、そのステージで発揮してくれるコンビネーション。
このメンバーの演奏が今後あるのか、ないのか。その一発勝負の面白み、初とは思えない見事な連携。

後半の冒頭には加藤一平”鳴らした場合”のSOLO演奏。これも一人でやるのは初めてだからどうなるかわからないと言いつつも、やはりその演奏は「加藤一平」だった。
ギターSOLOでありながら、ギターの弦を鳴らしている時間は1/3ほど。エフェクトを巧みに操り、あの日の鳴らした場合のレコ初ライブが鮮明に頭に浮かぶほどの強烈な世界観。
いよいよ不破大輔も加わりquartetへ。さらに一つ、厚みを増した演奏はテンポを上げて駆け抜けていく。
走り出した低音は観客たちの身体を揺らし、優しさと疾走感そして激情など、様々な表情を醸し出してくれた。
後ろにウッドベースを持つ不破大輔がいる。ということが同じステージに立つアーティストにとって自信と勢いを与えているのではないだろうか。

最後の曲を終えてアンコール。モア・ヒューマン。
その美しいメロディを奏でるビブラフォン、そっと鍵盤に触れるだけかのような静かな音色。ああ、これで今日は終わりなんだな。そう感じるとなんだか寂しさが込み上げてくる。
たまたま来ていた、彼女を知らない観客の一人は最後一番長く、一番大きな拍手を送る。それを見つつ自分の感情も重ねると、今日はいいステージだった。心からそう思える。
外に出ると雨は上がり、八丁堀のいつもの夜だ。頭から離れないメロディを口ずさみながら帰路についたのはきっと私だけではないはず。


11月6日 出演者: 山田あずさ, 加藤一平, 永田真毅, 不破大輔
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

ホンノマジカナハル
2018.11.13 19:00 開場

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

Entrance : ¥1000 / 1D
☆ Hostel guests are Charge Free! Only 1drink order please☆

出演者:ラピス(vocal, guitar)、ヒゴヒロシ(vocal, bass)、藤掛正隆(drums)

ラピス プロフィール :LAPIZ TRIO (バンマス)、SANDADA(サンダダ)バンマス、荒涼天使 バンマス、忘我’z バンマス、MAJIKA~NAHARU(Vo.Guitar)、DJ
http://blog.livedoor.jp/lapiz1/

ヒゴヒロシ プロフィール :ベーシスト&DJ。
1974年、フリクションの前身バンド「3/3」で本格的なバンド活動開始。その後「ミラーズ」(ミラーズではドラム)を結成する傍ら、日本初のインディー・レーベルであるゴジラ・レコードを設立。80年代は「チャンス・オペレーション」を率いる一方でスターリンやフリクション(フリクションではギター)にも参加。 現在は自身のバンド「パチクリエレガンス」「マジカナハル」「no sleeve」の他、「渋さ知らズ」「のなか悟空と人間国宝」などで数多く活動中。また、出会った様々なミュージシャンとのインプロ・セッションも、地元国分寺のライヴハウス・MORGANAで毎月開催している「モルガナ実験室」(今年9月には10周年を迎える)や西荻窪clopclopなどで盛んに行っている。
一方、1992年よりDJ活動を開始すると同時に、ハードコア・レイヴ「WATER」を主催。その後、RAINBOW2000、EARTH DANCE、EQUINOXなどのビッグ・パーティにも参加。メキヒゴンとしてはDJ ERAとともに主催しているパーティー「DipAura」は90回を越えた。他にもサイケデリックを音と光で追究する「1968」、巨大な喧噪街・新宿をテーマとする「新宿ノミン」、インプロヴィゼーションや現代音楽の音源を使用しミュージシャンとコラボレートする「Improvisation & Contemporary」など、ジャンルや形態に囚われない実験心旺盛なパーティやライブを主催している。
ミュージシャン、DJともに既成概念を排した柔軟な活動を通して、常に新たな視野を求め続けている。
http://meki-higon.com/we.html

藤掛正隆 プロフィール :異分野コラボレーションFORMLESS MACHINEの主宰、セッション活動を経て、96年ZENI GEVAに加入、米国、欧州、豪州ツアーやフェスティバルへ出演。97年にBAKI、諸田コウらと#9結成。98年Z.O.Aに参加。99年フルデザインレコード設立。13oz.、酒井泰三3355、恒松正敏GROUPなどを経て、2007年渋さ知らズに参加。灰野敬二、巻上公一、山本精一等様々なアーティストと共演、多くのCD作品をリリース。2014年初のソロ名義作品「UNIVERSE,RED&BLUE」を発表。現在、ホッピー神山とBIRGIT、加藤崇之とのTen-Shi、ヒゴヒロシらとのNoME等様々なユニット、セッションで活動中。CD最新作は片山広明とのデュオ「INSIDE or OUTSIDE」。また、2007年より継続中の早川岳晴とのセッションシリーズ 「崖っ縁セッション」も毎回多彩なゲストを迎え継続中。